会社を辞めたいけど退職後の生活が心配!

自己都合の退職は失業手当がもらえるまでに3か月もかかる!

人間関係が上手くいかず、「会社を辞めたい」と思ったことはありませんか?

 

でも、実際に仕事を辞めるとなると、一人暮らしの場合は、生活費が気になるところ。

 

実家住まいは、家賃や食事など最低限の生活は心配要りませんが、一人暮らしの場合は、そうはいきません!

 

会社を辞めて収入が途切れても、家賃や毎月の光熱費の支払いは続きます!

 

特に自己都合の退職の場合は、失業手当が出るまで3か月もかかります。

 

貯金があまりない人の場合、3か月も無収入で過ごすのは不安になってしまいます。

 

自己都合で会社を辞めたいと思ったら、まずは失業手当が出るまでの3か月をどのように過ごすかということを考えないといけません。

 

一番良いのは、会社を辞める前に転職活動を成功させておくことですが、やはり全員が無事に次の転職先を見つけて、綺麗に辞められるわけではありません。

 

今の会社が激務で、転職活動をすることすらできない人も多いです。

 

次の転職先を見つけられないまま、会社を自己都合で辞める人は、やはり失業手当をもらうまでに生活に困らないように、事前に準備をしておく必要があります。

 

事前準備ができているかどうかによって、退職後の生活は全く違ってきます。

 

お金がなければ次の仕事も見つからない!

特に退職後に転職活動をする人が注意をしないといけないのは、『仕事探しは何かとお金がかかる』ということです!

 

会社の面接へ行くための交通費は意外にバカに出来ないものです。

 

転職活動が長引き、何軒も受けている場合は特に交通費がかかります!

 

失業手当が出るまでの間に、金銭面で苦労するようになってしまうと、肝心の転職活動で必要になる交通費すら出せないで、安心して転職活動が行えなくなってしまうのが一番困ります。

 

面接を受けるのであれば、身だしなみにかけるお金も必要になってきます。

 

髪の毛がボサボサで、ボーボーに伸びた状態や、ボロボロの靴・カバン・スーツでは面接に行くのが恥ずかしくなってしまいます。

 

「あと2万円あれば靴が買えるのに」「あと4万円あればスーツが買えるのに」と、転職活動中に困ったことにならないように、やはりお金の準備はある程度必要になってきます。

 

次の仕事を早く決めないことには、生活が安定しません。

 

早く仕事を見つけることが、早く生活を安定させる一番の近道です。

 

多くの人は、前の仕事を退職してから半年以内に仕事を見つけているので、長期戦になればなるほど、生活が不安定になるだけではなく、転職活動そのものへの自信も無くなってしまう可能性もあります。

 

無職じゃキャッシングの審査は通らない!

更に、お金に困った時に、多くの人が真っ先に思いつくのが『キャッシング』や『カードローン』ですが、キャッシングもカードローンも、『無職』では審査に受かりません!

 

そのため、会社を辞めてお金に困ってからキャッシングやカードローンに頼ろうとしても、後の祭り!

 

その時には残念ながら、キャッシングやカードローンの審査を受けるには手遅れになっています。

 

キャッシングやカードローンの審査は、『在籍確認』が必ずあります。

 

嘘をついて「仕事をしている」と言っても、在籍確認をすればあっという間に嘘がばれてしまうのです。

 

お金に困ってからキャッシングやカードローンに頼っても遅いので、その時には親や友達などからお金を借りるか、アルバイトの掛け持ちなどをしても、自分でお金を工面する必要が出てきます。

 

やはり転職活動に専念しながら、余裕をもって過ごしたいのであれば、お金の準備も『退職後』に何かを始めるのではダメ!

 

在籍確認が取れる『在籍中』に、キャッシングやカードローンを準備する必要が出てきます。

 

キャッシングやカードローンの契約が成立すれば、失業手当をもらうまでの間、多少お金が苦しくても金銭面の悩みをカバーすることが出来ますので安心です。

 

辞める前にキャッシングしておこう!

 

アコム

アコムはCMでもお馴染みの三菱UFJフィナンシャルグループの大手消費者金融。

 

スタッフ対応が良いと評判!

 

新規の場合は、30日間金利が無料!

 

『女性専用ダイヤル』もあるので、女性の利用者も多いのが特徴です!

 

アルバイトやパートをしている主婦も利用可能!

 

プロミス

 

プロミスは三井住友銀行グループ。

 

アコムと同じく大手の消費者金融として長年の実績があります。

 

『おまとめローン』『自営者カードローン』など、取り扱っている種類も多いのが魅力です!

 

初めての人は30日間無利息OK!

 

 

 

 

アコムもプロミスも、消費者金融では実績があり、スタッフ対応が非常に良い事で知られています。

 

返済で困った時なども、しっかり連絡を入れれば、返済についての相談にものってくれます。

 

闇金のような悪質な取り立てもありません。

 

真面目に返済している人であれば、消費者金融は何も恐れるものはありません。

 

お金に困った時に助けてくれる心強い味方として活躍してくれます。

 

周りに誰もお金の話で頼れる人がいない場合、使うかどうかはわかりませんが、契約だけしておけば、いざという時に心強いお守りになります。

 

ただ、契約をするのであれば、やはり三菱UFJフィナンシャルグループのアコムや、三井住友銀行グループのプロミスなど、メガバンクがバックについている消費者金融の方が安心感はありますね。

退職前だと『在籍確認』をパスできるのは魅力!

在籍確認はどこの消費者金融でもある!

退職前のキャッシングの魅力として、やはり大きいのが『在籍確認』をパスできることです!

 

在籍確認はどこの消費者金融でも行っているので在籍確認が取れないと審査に落ちてしまう可能性が高くなります!

 

消費者金融では、正社員じゃなくても、アルバイトでも派遣でも、仕事をしていればキャッシング審査で契約してもらうことは可能です。

 

派遣や低収入のアルバイトなどに対して、審査が厳しい銀行系のカードローンに比べて、消費者金融のキャッシングは雇用形態に関しては、それほど厳しく問いません。

 

そのため、アルバイトでも派遣でも、年収が少なくても、ある程度長期の在籍期間があれば、新規契約は難しくはないのです。

 

さすがに多重債務などになってしまうと、キャッシング審査も厳しい場合がありますが、初めて消費者金融のキャッシング審査を受ける人の場合、他に滞納や未払いで金融事故を起こしたことがない人であれば、総量規制の範囲内で、お金を借り入れることが出来る可能性は非常に高いです!

 

初めて消費者金融のキャッシング審査を受ける人は、やっぱり最初なので「受からないのかもしれない」と心配になってしまう人もいますよね。

 

でも、実際には、消費者金融のキャッシング審査は未払いや滞納、多重債務などの問題がなければ、一般的なサラリーマンやOLはそれほどハードルが高くはありません。

 

仕事を持っており、在籍確認が取れる人であれば、十分に挑戦できます!

 

『無職はキャッシングできない』が原則

ただし、『無職』に対してお金を貸しだすほど消費者金融も甘くもないのは事実です。

 

基本的に消費者金融のキャッシングは、闇金を除き、まともな業者であれば無職にはお金を貸しません。

 

 

 

例え今後仕事に就く予定があっても、審査をする時点で在籍確認が出来ない状態であれば、難しくなってしまいます。

 

キャッシング審査では、未払いや滞納、多重債務などの問題の他に、『在籍期間の長さ』というのも一つポイントになってきます。

 

というのも、キャッシング審査では、入社したばかりで在籍期間が短い場合、審査に落ちる可能性があるからです。

 

やはり10年以上1つの企業で働き続けている人と、たった2カ月しか在籍していない人では、社会的な信用が違ってきます。

 

在籍期間の短さだけでキャッシング審査に落とされるわけではないですが、やはり在籍期間が長ければ長いほど、キャッシング審査では良い印象を与えます。

 

そのため、1つの会社での在籍期間が短く、コロコロ転職している人は、キャッシング審査の時に注意が必要になってきます。

 

ただし、在籍期間が短い人でも、無職の人よりは審査に受かる可能性があります。

 

無職の場合は、それぞれの消費者金融が申し込み条件に掲げている『継続的な収入』を満たすことが出来ないと判断されるため、キャッシング審査に申し込みをすること資格がありません。

 

そのため、キャッシング審査をどうしても受かりたいのであれば、まずは仕事に就くことが大事です。

 

退職前だと『利用枠』も期待できる!

年収が高ければそれだけ借り入れ額も大きく期待できる!

退職前の年収が高い人は、それだけキャッシング審査で新規契約が取れた時には、利用枠も年収に応じて高くなる可能性があります。

 

そのため年収が良い場合は、尚更仕事を辞める前に、キャッシング審査をしたほうがおススメです。

 

転職先が決まらないまま仕事を辞める人の場合、最悪、アルバイトについてからキャッシング審査に申し込みをすると言う方法もありますが、アルバイトになってしまうと、年収が下がってしまい、その分利用枠も減ってしまう可能性がありますので、利用枠を気にしている人は、やはり年収が安定していて高い時にキャッシング審査を受けるのが一番です。

 

失業手当がもらえるまでの3カ月間の生活費を考えると、やはりたった10万円程度の利用枠よりも、50万円〜100万円くらいの利用枠の方があった方が安心ですね。

 

50万円の利用枠が欲しいのであれば、年収は150万円以上必要になりますし、100万円の利用枠が欲しいのであれば年収は300万円以上が必要になります。

 

消費者金融のキャッシングでは、総量規制といって、年収の3分の1までしかお金を貸すことができません。

 

そのため、自分がどのくらいの利用枠が欲しいかによって、必要となる年収が変わってきます。

 

アルバイトやパートで収入が低い人でもキャッシングは、総量規制で決められた年収の3分の1までならOKです。

 

やはり高い利用枠を希望している人は、それだけ年収が高くないといけません。

 

消費者金融の場合は『総量規制の範囲内』が基本!

消費者金融は、主に『ノンバンク』と言われ、貸金業法の影響を受けます。

 

貸金業法による総量規制は、借り過ぎで自己破産をする人を予防するための法律であり、返済に支障をきたすような無理な借り入れをさせないようにしています。

 

 

一方、消費者金融とは違い、銀行法の影響を受ける銀行のカードローンでは、総量規制が及ばず、年収の3分の1以上の貸し付けも行っています。

 

よく「総量規制の対象外」と書かれているカードローンを見かけるのはこのためです。

 

ノンバンクかどうかによって、総量規制の対象になるのかどうかが違ってきます。

 

ただし、銀行のカードローンの場合は、年収300万円以上の収入がある人を対象にしていることが多いため、年収が低い非正規社員では審査が厳しいという部分もあります。

 

そのため、年収が低い人がお金を借りる方法としては、やはり消費者金融のキャッシング審査の方が、有利といえます。

 

銀行系のカードローンの方が、金利が安いと言うメリットがありますが、それだけに審査も厳しい傾向があります。

 

キャッシング審査の方が、利用枠を含めて、低所得者にも柔軟に対応してくれる可能性があります。

 

キャッシング審査は総量規制の影響を受けるので、利用枠が少なくなってしまうという思い込みから、総量規制対象外の銀行のカードローンに挑む人もいますが、結局は新規契約が結ばれなければ意味がありません。

 

契約の確率が高い方を取りたい場合は、低収入の人の場合はキャッシング審査を選んだ方が無難です。

 

退職前だと『在籍期間の長さ』がメリットに!

在籍期間の長さは意外に大事!

キャッシング審査で意外に重要視されているのが『在籍期間の長さ』です。

 

最近は入社3年以内の離職率の高さが、ニュースなどでも良く取り上げられていますが、やはり在籍期間の長さは社会的な信用につながりやすい部分があります。

 

 

1年しか仕事が続かない人もいれば、一つの会社で退職まで働き続ける人もいます。

 

当然、1年で退職した人は、次の転職先が見つからなければ、一気に無職に転落してしまう可能性もありますので、やはりお金を貸す立場の人からしたら、簡単に仕事を辞めてしまう人よりも、長期で安定した収入が見込める、在籍期間の長い人の方が魅力的にはあります。

 

入社したての人がキャッシング審査に申し込みをした場合、落ちることが多いと言う話をよく聞きますが、やはり入社したての新入社員というのは、在籍確認は取れるけど、まだ働きだしたばかりなので、社会的な信用がそれほど大きくないという部分が影響していることが考えられます。

 

やはり社会的な信用を高めるためには、一つの会社で長年勤めあげた経験がある人の方が、お金を借りる時には有利になります。

 

どんなに大手の会社であっても、入社したての頃は、キャッシング審査が通らないことも多いので、最低でも半年〜1年程度の在籍期間が出来てから申し込みを事をおススメします。

 

退職後に急いでアルバイトをしても在籍期間が短くネックに!

退職後に慌ててアルバイトを見つけて働きだしても、キャッシング審査に受かるにはやはり在籍期間の短さがネックになって難しいケースがありますので、退職前にキャッシング審査を受けた方が、在籍期間の面でも有利になりやすいです。

 

 

運が悪いと、アルバイトで入ったばかりだと、まだバイト先に名前と存在が浸透しておらず、店長以外の人が在籍確認の電話を受けた時に、「いない」と答えてしまう可能性もありますので、やはりバイト先で名前と存在が浸透してからキャッシング審査に申し込みをした方が、在籍確認の際にも間違いがありません。

 

在籍期間が短い状況で、キャッシング審査を挑む場合は、念のために、事前に在籍確認の電話が来ることを相談しておくことをおススメします。

 

キャッシング審査とはっきり言う必要はありません。

 

「クレジットカードを作りたいので」と、事前に相談をしておくと、バイト先で在籍確認がスムーズに進みます。

 

特に、デスクワークではない仕事の場合は、自分以外の人が対応する可能性が高いです。

 

そのため、自分の存在をあまり良く分かっていない人が対応してしまった場合、在籍確認で失敗する可能性がありますので、やはり事前に知らせておいた方が、間違いが少なくなります。

 

できれば、キャッシング審査は、名前と存在が職場に浸透してから挑戦するか、在籍確認の対応をしそうな人に予め在籍確認の電話が来ることを知らせて準備しておくかしておいた方がおすすめですね。

派遣の場合は在籍確認できない場合も!

派遣会社によっては在籍確認不可のところがある!

キャッシング審査は、アルバイトやパートでも申し込むことができますが、一点厄介なのが『派遣社員』の場合です。

 

派遣社員の場合、在籍確認は基本的に『派遣元』にかけます。

 

 

派遣先が大きな会社の場合、派遣先で在籍確認の電話を取った時に、派遣社員を全員把握していないケースもあり、最悪の場合は在籍確認が取れない可能性もあります。

 

派遣先では、派遣社員を把握しているので、在籍確認をする場合は、派遣元の方が確実です。

 

ただし、内線電話を個々に与えられているデスクワークの場合は派遣先でも在籍確認は取りやすいです。

 

あまり席にいないで、内線電話も与えられていないような仕事の場合とは少し事情が違ってきます。

 

派遣先での仕事の形態によって、派遣先で在籍確認が取りやすい場合もあれば、取りにくいケースもあります。

 

そのため、派遣先での在籍確認が無理そうな場合は、派遣元で在籍確認をしてもらうのが良いでしょう。

 

派遣先で派遣社員の在籍確認を取るのが安易な会社もあれば、やはり組織が大きすぎて、派遣社員まで全員把握するのが困難な場合もあります。

 

自分の内線電話を持っておらず、代表電話しか連絡先を書けないような場合は、まず派遣先での在籍確認は難しいです。

 

どんな派遣先で働いているかによって、派遣社員の在籍確認の難しさは異なりますので非常に厄介です。

 

派遣会社に事前に確認をしておくべき!

更に派遣社員が気を付けないといけないのは、『派遣会社が在籍確認に対応しているかどうか』ということ。

 

実は、派遣会社によっては、派遣社員の在籍確認を拒否している会社があるのです。

 

 

 

派遣社員からしたら、「え〜」と思うかもしれませんが、派遣会社によって、派遣社員の在籍確認の対応は違いますので、まずは派遣会社に在籍確認をしているか相談することが大事です。

 

派遣会社が派遣社員の在籍確認をするのが当たり前だと思っている人は、派遣会社が派遣社員の在籍確認を取らないと知って、後からびっくりするケースもあります。

 

派遣会社が在籍確認をしないとなれば、キャッシング審査で在籍確認をしてもらうのも難しくなってしまいます。

 

派遣先に理解がある社員さんや上司がいる場合は、事情を察して対応してくれるケースもありますが、周りに味方がいない場合、派遣社員で年収もそこそこあるけど、在籍確認が取れないで審査に落ちてしまうなんて可能性が出てきます。

 

派遣社員の人は、派遣会社を選ぶをする時に、在籍確認などの対応もしてくれるのか、ちゃんとチェックした方が良いです。

 

こうしたキャッシング審査などの時には、直接雇用のアルバイトに比べて、派遣社員の方が、複雑な対応になってきます。

 

派遣先でも派遣元でも在籍確認が難しい場合は、キャッシング審査をパスすることはかなり困難になってしまいますので注意をしましょう。

キャッシング審査は即日キャッシングもOK

13時前後くらいまでの契約であれば可能!

キャッシング審査は基本的に、即日の借り入れも可能です。

 

ただし、即日キャッシングの場合は、条件がいくつか必要になってきます。

 

即日キャッシングをするためには、多くの場合『13時〜14時』までには新規契約を結ぶ必要があります。

 

具体的には、14時くらいまでに身分証明書や収入証明書などの必要な書類を消費者金融に送ることが出来るかどうかという点が重要になってきます。

 

いくら在籍確認やその他のチェックが進んでも、身分証明書などの必要書類が届かなければ、即日キャッシングはできません。

 

そのため、即日キャッシングを希望している人の場合は、すぐにでも書類を送れるように準備しておく必要があります。

 

特に収入証明書は、50万円以上の借り入れをする人は必ず必要になりますので、予め用意しておかないといけません。

 

必要書類を提出できないために、即日キャッシングがパーになってしまう可能性があります。

 

身分証明書は基本的にはすぐに用意が出来ると思いますが、収入証明書の場合は、簡単に用意できな人もいますので、やはりキャッシング審査を申し込む時には、早めに必要書類を準備しておきましょう。

 

即日キャッシングは、必要書類と時間に注意をすれば、比較的簡単にクリアできます。

 

また、ネットからの申し込みは便利な反面、審査に時間がかかることがあるので、即日キャッシングを希望しているのであれば、スーピーディーに審査が進む電話や無人契約機が最もおススメです。

 

15時以降は翌日からの利用になる!

銀行の終わりである15時を過ぎての契約になってくると、即日キャッシングは不可能になってしまいます。

 

では、即日キャッシングが出来ない場合はどうなるのか?

 

 

15時以降の契約については、多くの場合は翌日の振込み対応になります。

 

朝一、もしくは午前中には振り込まれることが多いので、どうしても支払いなどが迫っている場合、即日キャッシングは逃したとしても、翌日の午前中には振り込まれるので、支払日の1日前にはキャッシング審査を申し込みしておくと安全です。

 

また、ネットや郵送は、キャッシング審査に時間がかかってしまうことが多く、特に郵便は最も審査が遅いです。

 

余裕がある時でない限り、郵便での申し込みはお勧めできません。

 

ネットの申し込みは24時間OKなので、仕事などで忙しい人にとっては利用しやすいメリットがありますが、申込数が多い場合は、即日キャッシングには間に合わないこともありますので、即日キャッシングの人は避けた方が無難です。

 

ただし、それほど審査を焦っていないのであれば、自宅にいながら、審査を進めることができるネット申し込みはやっぱり便利なので人気があります。

 

自宅にいながら人と顔を合わせることなく、キャッシング契約をすることができますので、人目を気にしないで済みます。

 

人目を気にする人にとっては、無人契約機などは、やっぱり少し面倒な部分があります。

キャッシング審査って根掘り葉掘り長々と聞かれるの?

電話連絡は10分くらいですぐに終わる

キャッシングのネット申し込みには、簡単な項目に答えるだけの仮審査電話による応答が必要になる本審査があります。

 

仮審査は最低限の項目だけをチェックして、その消費者金融業者でお金を借りれるかどうかを大まかに判定します。

 

多重債務者などの場合は、仮審査の段階で、厳しい判定が出るため、その段階で諦めてしまう人も多いです。

 

ただし、仮審査をパスしたとしても、本審査に必ず通るとは限りません!

 

仮審査では新規契約が出来ると結果が出ても、本審査ではダメな場合もありますので、仮審査の結果をあんまりにも信用し過ぎると、後になってからショックが大きくなりますので、あくまで参考程度だと考えましょう。

 

キャッシング審査で最も大切なのは、やはり本審査です。

 

キャッシング審査では、本審査でどれだけの時間応答しないといけないのか、心配になってしまう人もいると思います。

 

キャッシング審査出の応答は、通常は10分〜20分程度です。

 

利用枠や返済の案内など、基本的な説明を聞きます。

 

そして、希望額よりも、少ない利用枠を提案されることも本審査ではよくあります。

 

自分の意見が必ずしも通るわけではないので、本審査が終わるまでは、キャッシング審査の結果はどうなるのかわかりません。

 

特に問題のない人であれば、5分くらいであっという間に終わってしまうこともありますので、いずれにしても、本審査の電話連絡はそれほど長々と続くわけではありません。

 

自営の場合は詳細を聞かれる場合も!

ただし、自営の場合は少々本審査で時間がかかる場合があります。

 

本審査の電話連絡が短時間で済むのは基本的にはサラリーマンなど。

 

自営の場合は、業種や売り上げなど、サラリーマンよりも細々とした質問が多くされることがあります。

 

自営の方が、サラリーマンよりも、チョットだけ本審査で多く確認されることが多い可能性がありますので覚悟をしておきましょう。

 

それでも、本審査の電話連絡は、15分もあれば十分に終わってしまいます。

 

1時間前後かかったりすることはないので、さっさと終わってしまいます。

 

自営の場合は、収入証明書として確定申告書のコピーなどが有効になりますので、キャッシング審査を受ける時に、「確定申告の用紙がない!?」と、慌てないようにしましょう。

 

サラリーマンの場合は、給与明細を数か月分でOKというケースが多いですが、自営の場合は、収入を証明できる書類が少ないので、確定申告の用紙はしっかりと保管しておくことをおススメします。

 

キャッシングの本審査で、何を聞かれるのか、すごくドキドキしている人も多いと思いますが、本審査では、基本的に、根掘り葉掘り色々なことを聞かれることはそれほどないので、利用枠や身分の確認が主になります。

 

仕事の合間や昼休みなんかでも、十分に対応できますので、連絡が来た時には、すぐに折り返しをするようにしましょう。

キャッシング審査で希望額は通るのか?

100%通るとは限らない!

キャッシング審査では、例え50万円を希望したとしても、その希望が100%通るとは限りません。

 

最初に希望額を記入しても、最終的には減らされることがあると覚えておきましょう。

 

 

 

自分の希望額が通らなかった場合、それでも新規の契約を勧めるのか、それとも契約をやめるのか、選択することができます。

 

どうしても希望額が欲しいと言う人は、一先ず少ない金額でも契約して、「あとから別の会社にもう一件申し込めば良いや」と考えている人もいるかもしれませんが、現実的には短期間で複数の消費者金融業者にキャッシングを申し込むのはタブーと言われています。

 

そのため、2社目、3社目に申し込んでも、なかなか新規契約を結べないこともよくあります。

 

希望額に満たないかといって、複数の消費者金融業者にキャッシング審査を申し込むのはタブーです。

 

希望額に満たない場合は、消費者金融の利用以外に、お金を工面する方法を考えて行かないといけなくなってしまいます。

 

キャッシング審査では自分の希望が100%通るわけではないので、いざという時の対策も考えておきましょう。

 

特に支払いなどが迫っておらず、「いつかの時のために契約だけしておきたい」という場合であれば、希望額に満たない額でも契約しておき、こまめに利用してキャッシングの実績を作っておくことをおススメします。

 

実績を作れば、いつか利用枠を増やしてくれることもありますので、最終的には希望額に達することが出来る可能性があります。

 

減額されるのはどんな時?

では、キャッシング審査で希望額が通らない時というのは、具体的にどんな時なのでしょうか?

 

まず、一番最初に考えられるのが、希望額が総量規制を超えているケースです。

 

 

 

総量規制によって消費者金融業者のキャッシング審査は、年収の3分の1までしか貸し出すことができません。

 

そのため、年収の3分の1よりも多い希望額を書いた人の場合は、希望が通らないのも仕方ありません。

 

消費者金融業者では、年収の3分の1以上の貸し付けは法律で禁止されているので、消費者金融業者を変えて申し込んでも、OKになる可能性がありません。

 

年収の3分の1以上を超えての借り入れを希望している人は、消費者金融業者のキャッシングではなく、銀行のカードローンを利用する必要が出てきます。

 

そして、多重債務を抱えている人の場合、既に借り入れている額を含めて合計で年収の3分の1以内でしか利用できないので、希望額が通らない可能性もあります。

 

どっちにしても、年収の3分の1以上の利用はできないので、希望額を減額された人は、年収を増えてから挑戦するか、他社で借りている返済を終わらせてから新しく新規契約を結ぶかしないと、なかなか希望額で契約することは難しくなってきます。

 

消費者金融のキャッシングでは、総量規制の影響が非常に大きいので、申し込みをする前に、一度勉強しておくことをおススメします。

キャッシング審査が落ちた時ってどうなるの?

審査落ちの場合はメール連絡が多い

キャッシング審査では、契約してもらえる人もいれば、その一方で審査に落ちてしまう人もいます。

 

キャッシング審査に落ちてしまう場合、連絡はどのように来ることが多いのでしょうか?

 

一番人気があるネット申し込みの場合は、仮審査の後にメール連絡が来ることが多いです。

 

落ちる人の場合は、大体仮審査の段階で、早々に落ちてしまいます。

 

そして、キャッシング審査に落ちたというメールが来るのは、通常は24時間以内に来ることが多いです。

 

ただし本審査に進んでも、審査が進むにつれて、やはり新規契約が難しい場合などもありますので、仮審査に通ったとしても油断はできません。

 

審査に落ちたメールは、待っている方からしたら、もどかしい気持ちになります。

 

3日経っても何も連絡がない場合は、キャッシング審査としては、時間がかかりすぎているので、自分から連絡をすることをおススメします。

 

通常は、落ちたメールは早く届きますが、中には郵送でかなり時間がかかる場合もあります。

 

利用する消費者金融業者によって、審査の否決連絡は異なりますので、事前に口コミなどをチェックしておく方が安全です。

 

否決の連絡が来ないと、待ちぼうけになってしまいますので、心配になります。

 

キャッシング審査の合否は、通常はそれほど時間がかからないですが、気になる人は、遠慮せずに電話などで連絡をしてしまったほうが早いです。

 

審査落ちの理由は教えてもらえない!

そして、キャッシング審査を落ちた場合、落ちた人は当然ながら、落ちた理由を知りたがる人が多いですが、審査落ちの理由は教えてもらうことが出来ません

 

キャッシング審査落ちの理由がわかれば、次の申し込みで参考になると聞きだしたい人もいるでしょうが、キャッシング審査落ちの理由は粘っても教えてくれませんので諦めましょう。

 

キャッシング審査落ちの理由は、在籍確認、総量規制、信用情報の影響が大きく関係しています。

 

過去に滞納があった人、年収の割に高い利用枠を希望している人、多重債務の人、入社してまだ日が浅い人など、キャッシング審査落ちの理由は色々と考えられます。

 

逆にキャッシング審査で受かりやすい人は、会社に勤めて数年経っている人、キャッシング審査が初めて人、希望利用枠が総量規制の範囲内の人です。

 

つまり、普通のサラリーマンが、無理のない範囲内で借り入れを希望している分には、キャッシング審査には落ちにくいのです。

 

キャッシング審査で落ちる人というのは、『落ちる理由』が当然存在しますので、それを改善しない限りは、他社の消費者金融業者のキャッシング審査に申し込んでも、結果は同じになってしまう可能性があります。

 

ただ、業者によっては、アルバイトや自営には貸し渋っているケースもありますので、やはりお金を借りる時には、大手企業や公務員が好まれる傾向があるという部分はあります。